スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

帽子出来た 

先日から編んでいる帽子、ようやく編み上がりました。
なかなかかわいいのが出来ました。
200611221.jpg


ただ、お店にあった編み見本は少し、深すぎて、顔が隠れすぎだなぁ~と思っていたのと、テクノロートを入れるとなっていたけど、テクノロートは入れる必要はないと私は思ったので、実際の編み図を少し変更して、ブリムの部分は数段短めにしました。(かぶりながら調節)
それで結局毛糸は1玉半くらい残ってしまいました。
実際使用する毛糸の量は4玉です。私は2玉半。
母は紺色で、編み図の通り編んでいました。

それで、この帽子を編んでいて感じたことは、毛糸がちょっと匂うってことでした。
なんとなく油の匂いと編んでいるとかすかに手が油っぽい感じがしていました。(母も同じことを言っていました。)
ウール100%だから仕方ないのかな・・・
今日は早速、この帽子をかぶっておでかけしました。

編み図はこの本に載ってます。
この表紙に載っている帽子です。

icon
icon

それと、先日のAラインベストですが、mamiちゃん色違いで1枚編みました。
今2枚目編んでいるようです。
ところが、途中で編み図がおかしいことに気づきました。
先日から、mamiちゃんがお店に電話するけど、担当者が2日間お休みで、昨日ようやく連絡がとれたそうです。
その間私と、「こうじゃない?あ~じゃない?」と途中まで編んでいたのですが、電話をしてみると、編み図の書き間違いであることが判明。
結局は、私とmamiちゃんが1枚目に編んだものが(書き間違いに気づく前)正しいということが解りました。
書き間違いに気づかずに(見落として)いたのに逆に正しく編めていました。

このお店のオリジナル編み図はいつもこんな感じです(-o-;)
毛糸を購入したら編み図を販売してもらえるシステムなのですが、手書きおよび字が薄くてよく見えない部分もよくあること。
なおかつ、消しゴムで消してる部分が残っていたり・・・消した字がよく消えていなくて、あらたに書いた字に重なっていたり。
コピーが切れていたり・・・
そんなときは、聞くのも面倒なので適当に想像しながら編みます。
だけど、毛糸は書いてあるとおりに購入するので、足りなかったり、多すぎたりするのも正直困りものです。
先日は、母がベストを編むのに、毛糸と毛糸につける小物を一緒に購入しました。
ところが、毛糸と小物の在庫が足りなかったため、残りは取り寄せてもらっていたのですが、その取り寄せたものがなかなか入ってこなかった。
途中まで編んでいるものの、取り寄せているものが入ってこないので、困っていました。
結局1ヶ月近く待たされて(お金も支払い済み)も来ないため、メーカーに直接電話で在庫を確認しました。
すると・・・在庫は普通にありました。
結局は、至急お店側に送ってもらい無事に手元にきました。
でも、残りのものがもし在庫なしで届かなかったらほんとに困ってしまうところでした。
「ある」っていうから購入したのに、こんな販売の仕方をされたら、手作り作品は困ってしまいます。
結構地元では、大手の手芸店なのですが、毛糸売場は「とにかく売れば良い」精神のようで頭を悩ませてしまうこともしばしば。

でも、編み物の良いところは、いくらでも途中で好きなようにアレンジや編み図を変更出来るということ・・・
もう少し短くしたいとか、もう少し長くしたいとか、このモチーフをあのモチーフにしようとか、好きなようにかえられること。
そして、さらに、一季節だけ着て飽きたら毛糸をほどいて別のものを編むってことも出来ちゃうわけです。
毎年毛糸もいろんなのが出てきて、見ているだけでもとっても楽しい。
そんな楽しみがたくさんあるから、やっぱり編み物って大好きです。

ところで、先日注文した「モチーフ」本ですが、本日無事に到着しました。
mamiちゃんも見てみて「この本欲しい」というので、早速セブンに注文してあげました。こちらもほんとに在庫あるか心配です
[ 2006/10/22 22:22 ] 編み物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://psweet.blog5.fc2.com/tb.php/37-83a018a3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。